2008年05月09日

無酸素動作減量

減量の情報を収集してみると、「有酸素動作」という言葉はかなり見かけますが、「無酸素動作」というものはあまり見かけることがありません。
減量に効果的なのが有酸素動作だからなのでしょうか。
今回は無酸素動作について調べてみました。

無酸素動作とは、筋力トレーニング(俗に言う「筋トレ」)のことを言います。
無酸素動作を行うことで速筋が肥大するので、基礎代謝がアップするのだそうです。
ある程度鍛えて筋肉を大きくすれば基礎代謝の恩恵を受けることとなるので、太りにくい体になるということです。
基礎代謝が多い人、もともと筋肉の量が多い人ほど体重が早く落ちるのです。

ですが無酸素動作を続けて行ったとしても、体脂肪は減りますが体重は変わらないといった方がほとんどです。
これは脂肪が減少した代わりに筋肉が多くつくので、体重はほとんど変らなかったり、逆に増えてしまうのだそうです。
しかも無酸素動作は、基礎代謝に減量の効果を依存するため、有酸素動作や食事制限に比べて減量の効果が表れにくいといった特徴もあるのです。

減量での無酸素動作の役割というのは、脂肪を落とし体重を落とすことよりも、太りにくい体を作るということが目的なのです。
ですから減量においての無酸素動作は意味がないということではなく、直接体に悪影響なものでもないのですごく優れた方法です。

太りにくい体を作りたい方、無酸素動作減量をはじめてみてはいかがでしょうか。

タグ:背が伸びる 背が高くなる 身長がのびる 身長を伸ばす 風水の玄関

posted by 健康 at 02:31| 日記

筋力トレーニング

減量の効果が高く、普段動作をされない方でも始めやすい減量が有酸素動作ですね。
ですが有酸素動作には欠点もあるようです。
今回は有酸素動作の特徴と欠点について調べてみました。

有酸素動作を行った時に使われる筋肉の主なエネルギー源というと、脂肪ですね。
ですから減量においての有酸素動作の役割は、無酸素動作のような太りにくい体を作るということよりも、今落としたい脂肪を落とすということなのです。

ですが有酸素動作で効率よく燃えた脂肪は、一時的なものに過ぎないのです。
即効性はありますが、無酸素動作のように長い間維持することが難しいのです。
しかも1回の有酸素動作で燃やせる脂肪は、みなさんが想像している量よりもはるかに少ないのだそうです。
全部の代謝量のうち無酸素動作による基礎代謝は7割を占めるのですが、有酸素動作による代謝をふくむ生活活動代謝というものは2割程度しかないのです。

ですがやはり有酸素動作は体力に自信のない女性でも気軽に始められる動作ばかりですし、体をスマートに保つことができます。
女性にはうれしいことですよね。
しかも筋力トレーニングとは違い筋肉痛になりにくく回復も早いといったこともうれしいですね。
このように見ると有酸素動作を中心とした減量はリスクも少ないですし、とても優れた減量方法なのです。
夏に向けて早く痩せたいと考えているあなた、すぐに始められるものばかりですので、有酸素動作でスリムな体を目指してみてはいかがですか。

タグ:さくらんぼ 2626アリさん ひこにゃん ボーリング 低身長症

posted by 健康 at 02:31| 日記

有酸素動作

上半身はそれほど気にならないのに、下半身はどうしても痩せたいとおもっている女性の方、多いのではないでしょうか。
下半身減量に効果的と言われているのが、踏み台昇降動作です。
今回は踏み台昇降減量を紹介したいとおもいます。

みなさん一度はやったことがあるとおもいますが、踏み台昇降動作とは踏み台に上ったり下りたりする動作です。
この動作は下半身を使うのでもちろん下半身痩せにもなりますが、有酸素動作なので全身の動作にもなるのです。
しかも台を準備するだけなのでお金もかかりませんし、家の中でできるのでお化粧や服に気を使うこともありませんね。
下半身の筋肉を鍛えることができるので下半身痩せにもっとも効果的だと言われています。

踏み台昇降は有酸素動作をすると同時に、大腰筋●大腿四頭筋●腹筋●背筋●大殿筋を鍛えることができます。
こんなにたくさんの筋肉を同時に鍛えられるなんてすごいですよね。
しかも踏み台昇降をすることによって自律神経のバランスもよくなるので便秘や不眠などの悩みにも効果があるようです。

踏み台昇降動作をして得られる効果というと、階段を昇ったり走ったりしても息が切れなくなったり、よく眠れるようになったり、便秘で悩むことがなくなったり、汗をたくさんかけるようになったりとたくさんあります。
又体型については姿勢がよくなったり、体脂肪が減ったり、ウエストが細くなり高い位置でくびれたり、全身が引き締まるという効果があるのです。

続ければ必ず効果が表れるので、試してみてはいかがでしょうか。

タグ:吃音治療 あがり症治療 朝礼の挨拶 緊張しない どもり


posted by 健康 at 02:30| 減量

リハビリの一環

妊娠中に太ってしまった体は赤ちゃんを産んでもすぐには戻りません。
母乳で育てると自然と体重は減っていきますが、やはり動作も取り入れて健康的に痩せたいですよね。
今回は産後の動作減量について紹介します。

まずはヨガです。
ヨガは、骨格を整える効果があります。
それに加えて育児中の動作不足の解消にもなりますし、精神的な心のケアにも抜群なのです。
おなかに赤ちゃんがいる妊娠中は、姿勢や歩き方に気を遣いますよね。
その姿勢をずっと続けてしまっていたので骨盤がゆがんだりバランスが悪くなってしまいます。
骨格のバランスが悪くなると、腰痛や肩こりなどの症状まで出てきてしまうのです。
ヨガで体を整える動作をすれば、徐々に妊娠前の正常な骨格に戻すことができますし、動作不足の解消にもなりますので気分もいいですね。

次にピラティスです。
ピラティスには体の代謝を上げ、姿勢がよくなる効果があると言われています。
筋肉の動作をして脂肪を燃焼させるのです。
育児をしていると、始めのうちは特に外にも出られませんし動作不足になってしまいがちですよね。
小さい子供がいるのでなかなかスポーツもできないという方にはピラティスがオススメです。
ピラティスはリハビリの一環として始まったエクササイズなので筋肉のバランスを本来のものに戻しながらとても健康的に行うことができるのです。
子供が寝ているちょっとした時間にもできるので忙しいママにもピッタリだとおもいます。

タグ;わきが 歯列矯正 結婚式演出 ゴルフスイング 子供教育

posted by 健康 at 02:30| 日記

筋力トレーニング

正しい減量動作とはどんなものなのでしょうか。
どのような動作を組み合わせて行えば効果的に痩せることができるのでしょうか。
今回は効果的な減量動作メニューについて調べてみました。

減量の成功の秘訣は、食事療法と動作を同時に行うことです。
動作は絶対に欠かせません。
減量に効果的な動作とは、有酸素動作と無酸素動作(筋力トレーニング)を組み合わせることです。
両方とも行うことに意味があるのです。
ですが毎日両方とも行うのではなく、有酸素動作と筋力トレーニングを1日交替で行うのが良いそうです。

有酸素動作は早足で行うウォーキングを30分から40分程度行うのがいいでしょう。
ですが1日目からこれだと疲れてしまって続けていけないかもしれないので、徐々に時間を増やしていくようにしましょう。
動作不足の方は特に、自分のできる範囲で始めてください。
慣れていけば楽しみながらできるようになってくるはずです。

筋力トレーニングは、腕立て伏せ●スクワット●腹筋動作を組み合わせるといいでしょう。
これじゃ物足りないという方は、バックエクステンション●バックキック●膝上げ●カーフレイズなども行うといいとおもいます。
筋力トレーニングというのは、その時に使っている筋肉を意識しながら行うことが大切です。
又、正しいフォームで行わないと筋肉を痛めたり、筋肉を効果的に鍛えることができなかったりするので、正しいフォームを身につけて行ってください。

タグ:福祉士 後期高齢医療制度 視力回復トレーニング 冷え性 予防医学

posted by 健康 at 02:29| 日記

筋肉を強くする

減量をして成功したことがある方、リバウンドも経験してしまっていませんか?
減量をすると高い確率でリバウンドしてしまいますよね。
一度痩せた体をずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?
今回は減量後にリバウンドをしない動作について調べてみました。

痩せた後も太りにくい体を作るには、基礎代謝のアップが必要です。
それこそが太りにくい体の秘訣なのだそうです。
脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつけておくことによって基礎代謝を高めることができます。
その筋肉を鍛える動作が、無酸素動作なのです。
筋力トレーニングが知られていますが、ダンベル体操などもそうです。
毎日少しずつ、筋肉に負担をかける簡単な動作を続けることが大切です。
100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、息をとめるような無酸素動作なのでオススメではありません。
オススメの動作は、女性でも手軽にできるような静的動作です。
静的動作とは走ったり歩いたりして体を激しく動かすものではなく、体を固定して行う動作のことです。
押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。
どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので1日数回1セットを毎日続けるといいでしょう。
太りにくい体を作るためには、ストレッチや腹筋動作などでおしりやおなか、腕、足の筋肉を鍛えることが大切です。
ウォーキングなどの有酸素動作と合わせて無酸素動作で筋肉を鍛えることが最も効果的なのです。

タグ:猫しつけ 犬しつけ 犬と宿泊 無痛分娩 投資信託

posted by 健康 at 02:29| 日記

全身の筋肉

スポーツクラブなどではプールでの動作をする方が多いですよね。
減量になるというイメージがあるのですが、実際にはどのように動作したら効果的に痩せられるのでしょうか。
今回は水中での減量について調べてみました。

水中での減量の特徴といえば、体重が重い人や体力に自信が無い人でも、体に負担をかけることなく無理をせずに動作できるということです。
私も実際通っていたことがありますが、60代くらいの方やお年寄りの方を多くみかけました。
体力がない方にも向いているんですね。

プールだからと言って泳がなければいけないということはありません。
泳ぐのが苦手な方は歩いたり踊ったりするだけでも効果があります。
最近ではアクアビクスというものがあります。
プールの中でのエアロビクスといった感じです。
割とハードなのですが、音楽に合わせて踊ったりすることでとても楽しく動作することができます。

水の中では自由に動けばいいのですが、最低でも20〜30分は動作を続けてください。
有酸素動作で脂肪を燃やすには20分以上動作しないと効果がないからだそうです。
又、水中での動作は陸上の動作とは違って水の抵抗をたくさん受けるものなので、水がダンベルなどの役目をはたしてくれるのです。
有酸素動作をしながら、全身の筋肉も鍛えられるんですね。
ですがここではムキムキの筋肉になるのではなく、スラッとした女性らしい体型になるので安心してください。

一度試してみてはいかがですか?

タグ;住宅情報 自転車保険 五月病 整体 電動自転車


posted by 健康 at 02:29| 日記

体操

実際に動作して減量している方、自分が行っている動作がどれくらいのカロリーを消費できているか知っていますか?
なかなかそこまではわからずに行っている方が多いとおもいます。
動作してもなかなか痩せないという方のために、今回は日常生活や動作の消費カロリーについて調べてみました。

まず日常生活での消費カロリーです。
男性と女性では体の大きさが違うのでもちろん消費カロリーに差は出てきますが、女性が好きな立ち話や身支度といった簡単なことで結構なカロリーを消費するのです。
これは予想通りですが、入浴でもかなりのカロリーを消費します。
そしてとてもびっくりしたのが家事です。
洗濯物を干すことやアイロンがけでは通常の歩行よりもたくさんのカロリーを消費しているのです。
普段何気なくやっている家事でも減量になるというのは本当なのですね。

次に動作での消費カロリーですが、断トツで多いのは男性限定で水泳(クロール)です。
女性で多いのはランニングなのです。
男性と女性で、しかも動作方法によって又消費カロリーは変わってくるんですね。
ですが男女どちらにしても水泳での消費カロリーはとても多いです。
クロールはもちろん、平泳ぎでもです。
水の抵抗が影響しているのでしょうか。

このように動作や動作の種類によって消費カロリーは違ってきます。
自分がどの程度の目標なのか把握して、食事制限をするなら摂取カロリーについても調べて、減量の計画を立てて行けるといいですね。

タグ;年会費無料クレジットカード 省エネ住宅 花壇 地球温暖化 火災報知機

posted by 健康 at 02:28| 日記

自分の体

一昔前になってしまいますが、金魚動作の機械が流行りましたよね。
その時は減量になるということしか頭になかったのですが、そもそも金魚動作とはどのような動作なのでしょうか?
今回は金魚動作について調べてみました。

まずは金魚動作のやり方について説明したいとおもいます。
枕をしていない状態であおむけになり、足先をピッタリとそろえて出来るだけ反ります。
そして膝の後ろを伸ばすようにします。
両手は頚椎第三、第四の下で組みます。
そして金魚が動いているような感じで体を左右水平に震わせます。
一回1〜2分、できれば4〜5分行います。
これを行うことにより、脊柱の左右の狂いが治るのだそうです。
脊椎骨の副脱臼が矯正され、脊髄神経●交感神経●副交感神経の機能が調整されるのです。
又、腸を生理的な位置に戻し、腸閉塞●捻転●癒着などを防止します。
難しい説明になってしまいましたが、体の横は胃腸のつぼが多く集まっている場所なので、横方向にスイングする動作がつぼを刺激するのです。
それによって胃腸の働きが活発になり、便通で悩んでいる方や胃腸の気になる方におすすめなのです。
腹痛の時には即効性があるのだそうです。
それに何より有酸素動作になるので減量としても注目されているのです。
この動作を誰かにやってあげる場合は、足首を持ってかかとと体を付け、自分の体ごと振動する方法で行います。

このように一人ではなかなかできない動作ですが現在では金魚動作専用の動作器具があるため、自宅で一人でも簡単にできるようになったのです。
最近はお安く手に入るようなので、興味のある方はぜひお試しください。

タグ:花火大会 耕運機 引越し業者 生命保険 糖尿病食

posted by 健康 at 02:27| 日記

食事とプロテイン

プロテイン減量って聞いたことありますか?
プロテインというと筋肉ムキムキの男性が飲んでいるイメージがありますね。
ですがプロテインと動作を組み合わせると筋肉を鍛えることはもちろん、減量にもなるそうです。
今回はプロテインについて調べてみました。

プロテインとは、アミノ酸がたくさん結びついた大きな分子のことです。
水に溶かすことなく栄養にするためには、消化してアミノ酸に分解しないと腸から吸収できません。
消化も負担が大きいようです。

本格的なプロテイン減量をするなら、体重×2gのプロテインの摂取が目安です。
軽いトレーニングなら、体重×1〜2gくらいの摂取が丁度いいでしょう。
プロテインを飲みすぎると内臓を痛めることになりますし、効果が出やすいというわけでもないので十分に注意してください。
その時の食事の内容にもよるのですが、動作をしないでプロテインを飲むと、タンパク質過剰になってしまう場合があります。
タンパク質が過剰になると脂肪として体内に溜まり、脂肪にならなかったタンパク質は尿となって排出されるので腎臓に大きな負担がかかってしまいます。
食事とプロテインで、どれくらいのタンパク質を摂取しているのか確認しながら飲めばこれらは回避できるかもしれません。
動作をしてない人で体重×1g、動作をしている人で体重×1.5g、アスリートで体重×2gが目安だそうです。
効果がある飲み方としては、トレーニング後30分経ってからと、就寝30分前に飲むことです。

タグ:ランドセル 消費者金融 消費者金融 情報商材 情報商材

 
posted by 健康 at 02:27| 日記