2008年05月09日

卵液で肉を包み込むように


ピカタは、塩、コショウなどで下味をつけた素材に小麦粉をつけ、パルメザンチーズを混ぜたとき卵で包み込むようにして焼く、イタリア料理です。韓国料理のジョン(卵の付け焼き)も同様の料理法です。豆腐のピカタは、栄養満点で減量に最適な豆腐を、卵の衣で包むことで、満足感のあるメニューに仕上げたものです。

大豆および豆製品は植物性の良質のたんぱく質、カルシウム、鉄などの供給源となります。大豆のたんぱく質に含まれる必須アミノ酸は、含硫アミノ酸が少なく、肉や魚には少ないトリプトファンを多く含んでいることから、豆腐に卵をという、組み合わせは、相互に補足しあい、栄養価を高めることになります。

●おすすめ減量メニュー 豆腐のピカタ レシピ

●材料(2人分)
●豆腐●●●1/2丁

*ピカタ液
●パルメザンチーズ(粉チーズ)●●●小さじ2
●卵●●●2個

●塩、コショウ●●●少々
●小麦粉●●●適量
●サラダ油●●●適宜
●バター●●●適宜

●下ごしらえ
●豆腐はペーパータオルで包み、電子レンジで1分加熱して水切りします。横半分にスライスし、塩、こしょうをふり、表面に小麦粉をふって余分な粉を落とします。

●作り方手順
1.ピカタ液を作ります。卵を溶きほぐし、チーズを混ぜます。
2.フライパンを熱してサラダ油とバターを馴染ませます。
3.小麦粉をふった豆腐の両面を焼いて取り出します。
4.3のフライパンにピカタ液を流しいれ、3の焼いた豆腐をのせ、焦がさないように卵液で肉を包み込むようにします。


包茎手術の内容

真性包茎の手術費用

包茎手術の傷跡

簡単な手品ができるとクラスで人気者

マジックの練習

posted by 健康 at 02:41| 日記