2008年05月09日

筋力トレーニング

減量の効果が高く、普段動作をされない方でも始めやすい減量が有酸素動作ですね。
ですが有酸素動作には欠点もあるようです。
今回は有酸素動作の特徴と欠点について調べてみました。

有酸素動作を行った時に使われる筋肉の主なエネルギー源というと、脂肪ですね。
ですから減量においての有酸素動作の役割は、無酸素動作のような太りにくい体を作るということよりも、今落としたい脂肪を落とすということなのです。

ですが有酸素動作で効率よく燃えた脂肪は、一時的なものに過ぎないのです。
即効性はありますが、無酸素動作のように長い間維持することが難しいのです。
しかも1回の有酸素動作で燃やせる脂肪は、みなさんが想像している量よりもはるかに少ないのだそうです。
全部の代謝量のうち無酸素動作による基礎代謝は7割を占めるのですが、有酸素動作による代謝をふくむ生活活動代謝というものは2割程度しかないのです。

ですがやはり有酸素動作は体力に自信のない女性でも気軽に始められる動作ばかりですし、体をスマートに保つことができます。
女性にはうれしいことですよね。
しかも筋力トレーニングとは違い筋肉痛になりにくく回復も早いといったこともうれしいですね。
このように見ると有酸素動作を中心とした減量はリスクも少ないですし、とても優れた減量方法なのです。
夏に向けて早く痩せたいと考えているあなた、すぐに始められるものばかりですので、有酸素動作でスリムな体を目指してみてはいかがですか。

タグ:さくらんぼ 2626アリさん ひこにゃん ボーリング 低身長症

posted by 健康 at 02:31| 日記