2008年05月09日

筋力トレーニング

正しい減量動作とはどんなものなのでしょうか。
どのような動作を組み合わせて行えば効果的に痩せることができるのでしょうか。
今回は効果的な減量動作メニューについて調べてみました。

減量の成功の秘訣は、食事療法と動作を同時に行うことです。
動作は絶対に欠かせません。
減量に効果的な動作とは、有酸素動作と無酸素動作(筋力トレーニング)を組み合わせることです。
両方とも行うことに意味があるのです。
ですが毎日両方とも行うのではなく、有酸素動作と筋力トレーニングを1日交替で行うのが良いそうです。

有酸素動作は早足で行うウォーキングを30分から40分程度行うのがいいでしょう。
ですが1日目からこれだと疲れてしまって続けていけないかもしれないので、徐々に時間を増やしていくようにしましょう。
動作不足の方は特に、自分のできる範囲で始めてください。
慣れていけば楽しみながらできるようになってくるはずです。

筋力トレーニングは、腕立て伏せ●スクワット●腹筋動作を組み合わせるといいでしょう。
これじゃ物足りないという方は、バックエクステンション●バックキック●膝上げ●カーフレイズなども行うといいとおもいます。
筋力トレーニングというのは、その時に使っている筋肉を意識しながら行うことが大切です。
又、正しいフォームで行わないと筋肉を痛めたり、筋肉を効果的に鍛えることができなかったりするので、正しいフォームを身につけて行ってください。

タグ:福祉士 後期高齢医療制度 視力回復トレーニング 冷え性 予防医学

posted by 健康 at 02:29| 日記