2008年05月09日

筋肉を強くする

減量をして成功したことがある方、リバウンドも経験してしまっていませんか?
減量をすると高い確率でリバウンドしてしまいますよね。
一度痩せた体をずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?
今回は減量後にリバウンドをしない動作について調べてみました。

痩せた後も太りにくい体を作るには、基礎代謝のアップが必要です。
それこそが太りにくい体の秘訣なのだそうです。
脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつけておくことによって基礎代謝を高めることができます。
その筋肉を鍛える動作が、無酸素動作なのです。
筋力トレーニングが知られていますが、ダンベル体操などもそうです。
毎日少しずつ、筋肉に負担をかける簡単な動作を続けることが大切です。
100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、息をとめるような無酸素動作なのでオススメではありません。
オススメの動作は、女性でも手軽にできるような静的動作です。
静的動作とは走ったり歩いたりして体を激しく動かすものではなく、体を固定して行う動作のことです。
押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。
どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので1日数回1セットを毎日続けるといいでしょう。
太りにくい体を作るためには、ストレッチや腹筋動作などでおしりやおなか、腕、足の筋肉を鍛えることが大切です。
ウォーキングなどの有酸素動作と合わせて無酸素動作で筋肉を鍛えることが最も効果的なのです。

タグ:猫しつけ 犬しつけ 犬と宿泊 無痛分娩 投資信託

posted by 健康 at 02:29| 日記