2008年05月09日

やはり減量に動作はかかせないですね

減量に動作はかかせませんが、動作が嫌いな方はどうにか食事制限だけで痩せようとしますよね。
それだけでも確実に痩せるのですが、動作が必要だと言われている理由は何なのでしょうか。
今回は減量と動作の関係について調べてみました。

ボストン大学で実際に行われた減量プログラムの実験を紹介します。
体重約100キロの肥満の男性72人を2つのグループに分けて8週間にわたって実験が行われました。
ひとつのグループは特別動作などはせず、もうひとつのグループは1週間に3回の動作を行いました。
動作の内容というと、20分間のウォーキングから始まり、最後の週には45分間に8.9キロをジョギングするまでになったのだそうです。
どちらのグループとも、1日1000kcalの食事でした。
体重100キロの方にとってはとても厳しい食事の量だとおもいます。

無事に8週間が終了したとき、食事制限だけのグループは平均9.2キロ減、動作をプラスしたグループは平均11.9キロ減だったそうです。
意外に2.7キロの差しかなく、そんなものなのかとおもった方もいるでしょう。
ですが出来上がった体はまったく違ったのです。
体重は同じくらい落ちても、動作をしなかった方はぷよぷよな体のままこじんまりとしたといった感じなのだそうです。
それじゃ意味がありませんよね。
週3回の動作を加えただけで筋肉の付き方も体の引き締まり方も全然違うのです。

体重を落とすことよりも体を絞ることの方が私は大切だとおもいます。
やはり減量に動作はかかせないですね。

タグ:花粉症 下半身痩せ レンタカー借り方 育毛 会社設立

posted by 健康 at 02:22| 日記