2008年05月09日

同じ量の動作

去年あたりからよく耳にするようになった、メタボリックシンドローム。
そんなメタボリックシンドローム対策の減量にも、効果的なタイミングというものがあります。
なるべく効率のよいタイミングで減量したいですものね。

人が眠っているときというのは、体の代謝がいちばん下がっている時だと言われています。
ゆっくりと休息できるように体の代謝が下がるようにできているからです。
そのため、朝になり目が覚めてから代謝機能がだんだん上がっていって、活発な活動をする昼間に対応していくというわけです。
朝目が覚めて起きた直後はいちばん代謝が低いので、起きた直後に動作を始めると下がっていた代謝が一気に上がることになります。
その高いままの代謝で1日をずっと過ごすことができるので、食事で摂取したカロリーを効率よく燃やすことができ、減量の効果が出やすくなるのです。
ですからオススメは朝にジョギングやウォーキングをする習慣をつけることです。
その動作によるカロリー消費だけじゃなくて、その後も代謝が上がったままの状態で1日を過ごすことができるからです。
朝の通勤時などにバスや車を使わずに駅まで歩いてみるとかその程度の動作でもいいでしょう。

どうせ同じ量の動作をすることになるなら、効率よく減量できる朝に動作したいですよね。
朝にいい汗を流すのはとても気持ちいいでしょうし、代謝のいい状態で1日を過ごすことはとても健康的なことですね。

タグ:ビューティーコロシアム スキー場 ギリシャ いびき C型肝炎

posted by 健康 at 02:18| 日記